1人でも楽しい水族館

石橋祥太   2008-11-24  

「海に行きたいなぁ…」と思っていた8月…から早くも3カ月が過ぎ、気がつくと冬まっしぐらな今日この頃、街中はイルミネーションでクリスマス一色。でも、どうしても海への熱き思いを捨てられず、カップルでにぎわうオシャレな都市型水族館に1人で行くことにした。


[text=宮島]

海の仲間に会いに行くぞ!

せっかく1人で水族館に行くのだから少しでも寂しさやわらげるような楽しい水族館はないかと探した結果、オレの琴線に触れたのは「エプソン品川アクアスタジアム」だった。

イルカショーやアシカショーそれにペンギンさんもいる水族館。しかも、品川駅からすぐという立地条件。ここしかないと思ったのだ。

※編集部注釈※
“ペンギンさん”のように動物に“さん”をつけることで可愛さをアピールすることができ、年上の女性を落とすには有効な手段と思われます。また、“お”もポイントで“おウマさん”や“お母さん”のように使えば、姉御肌の女性はイチコロになればいいのにと思っています。
都市型水族館らしいCOOLな入り口

ふふっカップルがいっぱい

今回やって来た「エプソン品川アクアスタジアム」はオシャレな水族館だ。また、場所も品川だけあって来ているお客さんもオシャレ。この中でジーパンにTシャツのオレは言い訳できないくらいに浮いている。水族館だからといって浮力的な意味でなく。

まぁ、それは耐えるとして、カップルはいったい水族館で何を得ようとしているのだろうか?

注)以下妄想
男「見てご覧よ、あそこで泳いでいるのはアカエイだよ、アカエイはポピュラーなエイだけど尻尾の付け根のところに毒針があって、中には刺されて死亡するケースもあるだよ。」
女「きゃー、こわーい」
男「でも、僕といれば安心さ。でも、こっちの毒で…」
女「すてきな、ナ・マ・コ」

…こんな感じのピンク的なことを得ようと水族館に来ているのだろうか?
右を見ても、左を見ても カップルばっかり
まあ、独り者は純粋に魚を見て楽しむしかない。それが、本来の正しい水族館の楽しみ方のはず。下心がハリセンボンのように膨れ上がる彼女連れの男は無視して水槽を凝視する。
サメー ダイバーの人気者オニイトマキエイ(マンタ)君
マンタ強襲!! 別に怒ってるわけじゃないと思う

やっぱこれだね~イルカショー

お待ちかねイルカショーの時間! 水族館にきてイルカショーを見ない手はない。水族館=イルカショーと言っても過言ではないのだ。

ということで、早速席の確保!! 1人分の席を…。
と言うことでひとりで見ます
この水族館のイルカはカマイルカのラッキー君を除いてみんな女の子だそうだ。何というハーレム! めちゃくちゃ羨ましい。ラッキーになりたい。イルカであるラッキーに嫉妬するのは独り者の性だと思う。それに、イルカショーを見てるのはカップルと家族連ればかり。

でも、ラッキー君がチキンで運動音痴なのを知ってちょっとなごんだ。

ということで、イルカショーを!
ザッパーン ピョーン
バシャーン

全力で水族館を楽しむ(一人で)

ここからは水族館の写真。カップルや家族連れで賑わう休日の品川の水族館で明らかに場違いな男がコンパクトデジカメを片手に魚達を必至に触っている様子を想像しながら見てください。
鯛「じーっ」 オコゼ「なんか視線が…」 カレイの華麗なる泳ぎ
我等、ぺんぎん四天王! ペンギンは水中を飛ぶ鳥なのだ
ファインディングn(おっと誰か来たようだ マンタ再び強襲!!

まとめ

1人でも水族館は最高に楽しめる。「アノ人、休日なのに1人で水族館来てる…」みたいなカップルからの視線は無視できるハートがあれば。それに1人だから、延々と好きな魚を見続けるもよし、リストに載ってる魚全てを見つけるもよし、イルカやアシカのショーを楽しむもよし、その自分だけの時間を自由に割り振って海中散策を楽しめるのだ。だから、むしろ水族館は1人で来るところだと思う。

※編集部感想※
絶対に彼女と2人で水族館に行く方が楽しいと思う。

訃報

アクアスタジアムのマンボウが自分の見に行った次の日に肝機能低下により死亡していたことが判明。自分が見に行った日もプールの底に横たわっていた状態だったので体調がよくなさそうだったけど、その翌日に死んじゃうととても物悲しい気分になるね。この場を借りて謹んでご冥福をお祈りします。
  



Leave a Reply