モテないから神頼みin玉川大師の地下霊場

地主恵亮   2008-11-30  

12月という独り者とっては苦しみと孤独感しかない最低の時期が近づいてきた。街を歩けばクリスマスのディスプレイ。そんな街を手をつないで闊歩するカップル。もう独り者とっては苦しすぎる。私もモテたい。しかし、まったくモテない。そんな困った時は神頼みと言うことで、平日の真昼間に1人で「地下霊場」に行ってきた。


[text=地主]

クリスマスを独りで過ごすのはイヤ

独り者最大の敵「クリスマス」が近づいてきた。ちなみに独り者暦が長いとクリスマスやバレンタインデーだけでなく、お盆までもが悲しくなってくる。

「俺が末代だからだれもお墓参りこないんだなぁ…」と。


そんな今までの暗い気持ちを吹き飛ばすべく、今年のクリスマスこそは何とか、女性と過ごしたいと本気で思っている。


「チキンおいしいね」と言う彼女。

「でも、キミの方がおいしいよ」とニヒルに言う僕。

「じゃ、食べて」と彼女が言って、2人でベットに入る。

そして、いろんな意味でホワイトクリスマス。

ここでいうホワイトクリスマスは画像ではモザイクです

そんな甘くピンクなクリスマスを過ごしたい。


朝起きて「クリスマスは最高だね」と僕が言うと「こんな楽しい時間を作ってくれたキリストに感謝しなきゃね」と彼女が言う。


そんなキリストな欧米風のクリスマスを過ごしたいのだ。


しかし、モテない。まったくモテない。そこで、「困った時の神頼み」と言うことでお寺に行くことにした。

今回の神頼みは玉川大師

今にも雨が降り出しそうで、とても寒い中、ぎこぎこと自転車をこぎ、仕事を抜けてやってきたのは世田谷にある「玉川大師」。

今にも雨が降り出しそうな空模様

一見、普通のお寺なのだが、このお寺「地下霊場」があるのだ。

地下霊場とは、床下や地下、地底に作られた通路を歩くことで行をつむという信仰的な空間のこと。決して怪しい宗教施設ではない。


とりあえずお参りした後、お堂で地下霊場の参拝の受付を済ませる。と言っても名前を書くだけ。その後、初めて来たと伝えると、玉川大師の「地下霊場」について、お寺の方がマンツーマンでみっちりと説明してくださった。


それを簡単にまとめると、


『全体の3分の1は真っ暗』

『地下霊場は全部で100mくらい』

『四国八十八ヶ所、西国三十三番霊場のお大師様・観音様をお迎えし、有縁の方々に結縁す』

『全体の3分の1は真っ暗』

『100円で修行できる』


こんな感じ。とにかく暗いらしい。

いよいよ神々の聖域へ!

説明が終わりいよいよ地下に降りる。地下は撮影禁止らしいので、地下への入り口だけ撮影させてもらったのだが、すでに怖い。そして、かなり階段が急。

入り口からすでに怖い 手振れがすごい(たぶん怖いから)

実際に降りると、『全体の3分の1は真っ暗』と言っていた通り、本当に真っ暗。入り口を降りた直後から真っ暗。壁に手を当てて一歩一歩前を確かめながらゆっくりと進むしかない。世田谷にこんな“闇”があるのかと驚いた。

本当にこんな感じ

そんな恐怖を乗り越え、進んでいくと、いろんな仏像が出現する。全部で300体ほどあるそうだ。そして、ありがたいことに、仏像のある周りには光がある。2つの意味でありがい。そして、そんなありがたい仏像に「とにかく、モテますように」「全てが上手くいきますように」とひたすら拝みながら進んだ。


この地下霊場、平日の昼間と言うこともあってか私しかいなくてとても静か。“真っ暗で静か”というと少し怖い気もするが、とても霊験あらたかな気がする。


その結果、出口付近では、コレでキリストの誕生祭であるクリスマスはモテモテだと確信した。あれだけ拝んだのだから間違いない。また、モテるという確信だけでなく「全てが上手くいく」という気すらしてくる。ホントに地下霊場はすごい!

お寺を後に……

地下霊場でいろいろなありがたいパワーを頂いて地上に戻ってきた。地下は暗くて怖かったので、明るい地上に戻ってこれてほっとした。

そして、お寺の方にお礼を言い、「全てが上手くいく」「モテる」という自信と期待を胸にお寺を後にした。


最後に、行きは降りそうで降らなかった雨が、お寺から出ると、土砂降りになっていたことを付け足しておこう。

やっぱり降り出したよ…

まとめなようなもの

帰りの雨がきつかった。会社に戻らないといけないのに、びっしょり。さらに、帰りがけに急に自転車のブレーキが壊れたりもした。地下で仏像を拝みまくったけどまだ“全てが上手くいく”の効果がまだないのだろう。今まで以上にツキに見放された気もするけど…。そして、拝んでから1週間ほどたつが、今のところ“モテる”ことについも効果が無い。でも、クリスマスで時間があるので、今後に期待! といったところだ。

ブレーキの修理に800円かかった
  



Leave a Reply