一人で観覧車に乗ってみる

石橋祥太   2008-11-02  

観覧車は一人で乗るのはどんな感じなのだろうか? カップルが二人っきりで甘くピンクな時間を過ごす空間、観覧車。親と一緒に乗った子供がはしゃぐ空間、観覧車。そんな観覧車に男が一人乗り込む…空への憧れと、カップルへのひがみをこめて…回るアホと回らぬアホ同じアホなら回らにゃソンソン。一人でお台場の観覧車に乗ってきた!


[text=宮島]

東京テレポート駅の長いエスカレーターから地上に出ると、そこはお台場だった

“お台場”には「恋人達の養殖場」「フジテレビのお膝元」などなど、いろいろ呼び名はあるけれど、そんなこと今の自分にゃ関係ない! 目的はただひとつ、大観覧車を一人で華麗に乗りこなすことにある。カップルばかりの休日の観覧車に乗りこなすことにあるのだ。

ここで本日のターゲット、お台場パレットタウン大観覧車について軽く説明。
高さ:115m(リング直径100m)
ゴンドラ数:64台
搭乗時間:約16分
定員:6人
営業日 :年中無休(年2回、点検日休業あり)
営業時間:am10:00~pm10:00
料金:900円
(以上公式ホームページより抜粋)

さあ、いよいよワクワクドキドキの「はじめての一人観覧車」だ!

パレットタウンいりぐちぃ~ 0分待ち、やったね!
この一人観覧車の最大のドキドキゾーンは実はチケット購入にある。少し考えてほしい。カップルや親子で乗るのが普通の観覧車に「大人一枚ください!」なんて恥ずかしすぎる。

モゾモゴしながら周りをウロウロすること10分弱…意を決して係員さんにチケットをくださいと言った。

「一般、一枚!」ってな!

「…では、こちらの券売機でチケットを購入してください。」

あのですね、券売機が外に置かれてないんですよ。中にあるんでよ。わからないですよ。

無駄な恥をかいてしまった…。
何はともあれ、とりあえずチケットGET!

感動の乗り心地

ついに、一人で観覧車に乗り込む。これから16分間孤独な空のたびが始まる!たぶん、16分間暇だと思う。
お~、きたきた 搭乗成功!
一人観覧車も悪くない。なにより気を使わなくていい。一人ではしゃいで観覧車が揺れても「怖いよ~」と言う甘い声は聞こえてこない。だから、一人観覧車は最高だ。
人がちっちゃくなっていくぞ およそ1/4行ったところ
8チャンネルのところがよく見える 頂上じゃぁ~(飽きてきた)
ここまでで8分、とにかく暇。暇すぎる。カップルたちには短い8分も独り者にとってはとにかく長い。暇すぎる。長い。

観覧車、最高や!!

暇なので歌ってみた。一人カラオケin観覧車。結構楽しい。
そして、降りてまいりました~ で、オープン

大地への帰還

16分の空の旅を終え地上に戻ってきた。頂上過ぎたあたりからだんだん飽き始めたことはここだけの話。 ただ、一人であの景色を独占できるのはうれしい。つまりカップルで乗らなくても意外に一人観覧は楽しいだ。これで、音楽とか聴きながらだったらもっと完璧だっただろう…。みんなが、一人で観覧車するときは是非ポータブルMP3プレイヤーをもっていこう!

まぁ、彼女と甘い会話を交わす空の旅がベストだけど…。
そして、一人観覧車は当分いいです。だって、観覧車に乗るカップル見てたらつらすぎた…こっちは一人だよ。
  



Leave a Reply