独り者だけど子宝を願う(金山神社詣で)

地主恵亮   2009-01-15  

今は、独り者だけどいつかはあたたかい家庭が築ければと切に願っている。では、その願いを叶えるにはどうすればいいか考えると毎回「神頼み」に行き着く。僕は基本的に無神論者なのだけど、都合よく神様を信じている。だから今回は、2009年の今年こそ彼女ができて、子供を作る行為ができるように、金山神社という性の神として信仰集める神社に神頼みに行ってきた。


[text=地主恵亮]

川崎大師の近くの金山神社

金山神社は神奈川県川崎市にある若宮八幡宮境内の神社だ。

ご神体は”男根”。

ご神体が男根と聞くと人里はなれた山の中にある神社な気がするかもしれないが街中にある。コンビにとか普通にある街中だ。京急大師線の川崎大師駅から徒歩1分の好立地。最寄り駅が川崎大師駅だが、実は駅からは川崎大師に行くより金山神社の方が近いのだ。

右が若宮八幡宮で、左が金山神社
僕が金山神社に行く理由

日本の人口はどんどん減っているそうだ。特に最近は不景気で職がなく子供を養う余裕などないから仕方ないのかもしれない。僕もそうで正直年収なんて2○0 万円だ。とてもじゃないけど子供を養う余裕なんてない。しかし、彼女はほしい。結婚したい。子供を作る行為がしたいのだ。最低なことを言ってるな…。でも、20代前半だしこれもまた仕方がないことだと思う。でも、彼女なんていない。全くモテない。そういう行為ができないのだ。


となると、冒頭にも書いたが神頼みになる。金山神社は子宝系のご利益あるので、「子宝を祈る→彼女がいないとその願いはかなわない→彼女ができる→そういう行為ができる→結婚→子宝をさずかる」となるはず。だから今回金山神社に出かけたのだ。不純極まりない動機だと思うけど、2009年はノーセックスノーライフで生きていこうと思っているので。タワレコみたいにいったらカッコいいかと思ったけど、より最悪な感じだな~。

川崎大師駅に降り立つ
堂々としたたたずまいのアレ

駅からトボトボと歩き、金山神社に向かう。徒歩1分なのですぐに到着。境内には幼稚園も併設されていて、なんだか”いたれりつくせり”な気がする。

駅から近い 併設されてる幼稚園

まずは、若宮八幡宮で2009年の健康とその他もろもろを祈る。

そして、金山神社に目をやる。すると、まずは、ご神体の男根のレプリカが迎えてくれる。

黒ってのがなんだかリアルだよね

子宝をイメージした絵の描かれた絵馬や男根が描かれた旗など、とにかくそういった願いが本当にかないそうな雰囲気でいっぱいな神社が金山神社だ。

桃から生まれた桃太郎 戦国大名がこの旗を掲げてたらいいよね
彼女ができるように祈る

先に書いた目標のために性の神様に祈りをささげる。子宝を授かる大人のピンクな行為ができる彼女ができるようにと。


お賽銭は15円。なぜかというと、15円で十分ご縁がありますようにという意味になるからだ。ほかにも、45円で始終ご縁がありますようにとか25円で二重にご縁がありますようにとか、いろいろあるみたいだが、僕は年収○40万円なので、一番安い15円を常に採用している。

まじめに祈ります

これで、2009年は彼女ができると期待で胸がいっぱです。ついでにお守りを買おうと思いお守り売り場に向かう。しかし、この取材に行ったのが2008年の暮れで、お守りをお正月に神社に返すけど今買うとどういう扱いになるかわからず(2009年の正月に返すの?)今回は買うのをやめた。

いろいろなお守りがある。男根のものもキチンとあります
もし、帰りにいきなりそういう状況になっても

さて帰ろうと思った時、もし帰りがけに、いきなり願いが叶ってそういうピンクな状況になったらどうしようかという不安に駆られた。この原稿を書いている今考えるとどんだけメデたいヤツと思うけど、ないとは言い切れない。だから、境内の自動販売機で元気が出る飲み物を買うことにした。

元気ハツラツ!

どこの元気をこの時の僕が求めているかは皆さんの想像に任せます。ただ、オロナミCを飲めばとにかく元気ハツラツになることは間違いない。これで、帰りの万が一に備えることができる。

せっかくのなのでご神体の横でいただきます

とういわけで帰りに何かあっても大丈夫になったので帰ることに。今回は不純な動機でやってきた金山神社詣でだったが、いつかは奥さんと詣でたいと思った。絵馬に願いを書いたりしたいもんだ。でも、彼女もいないのに奥さんと、とか書くのはなんかつらい。


神社を出てすぐの電信柱にホテルの看板があった。なんだか余計につらくなった。あと、帰りも何もなかった。オロナミンC無駄だった。

ココにホテルの看板を出すのは的確な気がする
まとめのようなもの

この取材に行ったのが2008年の12月30日。そして、原稿を書いているのが2009年の元日。年末年始は男根、男根ばかりだった。こんな悲しい年末年始は今回で終わりにしたい。来年は彼女と川崎大師の方に詣でたいものだ。あと、三脚にカメラ置いて男根と写真を撮ってる男って客観的にみると相当頭がおかしい人だと思う。

ちょっとテレてます
  



Comments (2)

 

  1. ムラカモ より:

    ブログ化おめでとうございます。
    やっぱり山野さんはバッファロー吾郎にいそうだなあ、と思うのです。

  2. 匿名 より:

    山野けいすけでイニシャルが「KY」になって空気読めないになるので山野になってます。
    「KY」が流行った頃から山野にしてますが、完全に旬が去ってしまいました。
    僕の旬はまだ来ていませんが。

Leave a Reply