ひとりで1人じゃない写真を撮る

地主恵亮   2009-04-18  

「自分撮り」という撮影方法がある。

この方法で撮った写真が多いと、第三者が見た時に「こいつ友達とか彼女とかいないんだ~」と思われることになるだろう。

そこで、どうにか「こいつ、彼女いるんだ」と思ってしまう写真を一人で撮影する方法はないだろうかと考えた。

その結果、カメラを三脚に置き、ストーリーを感じれるようにすれば、まるで写真好きな彼女と付き合っているように見える写真を撮影できることを発見した。


[text=地主恵亮]


悲しき自分撮り、第三者の冷たい視線

世の中には「自分撮り」という撮影方法がある。

これは、自分の右手あるいは左手でカメラを持ち、自分に向けてシャッターを押し、自分を撮る撮影法だ。1人で旅行に行った時などはこの撮影法を使うと思う。

自分撮りです

たまにする自分撮りはいいのだが、あまりに独り者暦が長いと、どこに行くのも1人でとにかく自分撮りの写真ばかりが増えてしまう。

自分撮りはカメラを持つ手が不自然なので、第三者が写真を見た場合すぐに「自分撮り」だと分かってしまう。

腕が不自然でカメラを持ってるとわかる

自分撮りの写真が多いと、第三者は「この人、彼女とか友達いないんだ~」と思うことだろう。たしかにそれは事実だが、そう思われたくない。できるだけ僕は「人望がある人」と思われたい。

また、自分撮りばかりだと「どんだけ、自分のこと好きなんだ」とナルシストに勘違いされてしまうことも考えられる。これもいやだ。余計に友達がいなくなってしまう。


では、三脚を使って写真を撮ればいいと思われるかもしれない。これは、半分正解なのだが、やはり三脚だけだと、記念撮影風になってしまい、写真からどことなく独り者な感じが漂ってしまう。

いかにも三脚な感じがするでしょう?

では、どうすれば1人でも2人いる感じの写真になるのか? 1人でもまるで彼女と出かけて彼女が撮ってくれた写真のようになるのか? をいろいろ考えた。

カメラマンの存在を感じる写真

いろいろ考えた結果、実際に写真に写っているのは1人(自分)だけでも「誰かと遊びに行ったんだ」と思ってしまう写真にすればいいのだ、ということに気がついた。

例えば、下の写真は当サイトの取材に出かけた時にたまたま撮った一枚だ。

疲れているから撮らなくていいよ~

複数で遊びに行った時に撮った一枚に見えると思う。

それは、僕の表情や視線からカメラマンの存在を感じることが出来るからだ。

またそこから、

カメラを持った友達がいて「撮るよ~」と声をかけて、僕が「疲れているからいいよ~」と苦笑いしているというストーリーを感じることができる。結果的に「複数で遊びに行った時に撮った一枚」と第三者は思うわけだ。


つまり、カメラを三脚に置き、写真からストーリーを感じられるようにすれば、一人で撮っていても、一人で撮っていないような写真になるわけだ。


ということを踏まえて以下の写真を見てください。

ユキもコーラを飲めよ

コカでも、ペプシでもないコーラだよ

彼女(ユキ)にコーラを渡している僕を、写真が好きな彼女は“パチッ!”と撮った、というストーリーを写真から感じることが出来ると思う。まさか一人で撮ったとは思わないだろう。


でも、実際はカメラを三脚に置いて1人で撮った。端からみたら何してるんだろと思われること間違いなしだ。

寂しいです

※注意※

ユキは想像上の彼女です。美大出身で現在、中学校で美術の非常勤講師をしていることになっています。なので、カメラが好きなのです。

ユキ、もう撮らなくていいから~

とんなよ~

上の写真は撮影を冗談ぽく拒否している感じだ。


彼女(ユキ)は写真が好き。ふとした瞬間を切り抜きたくて、急にシャッターを押したくなり、慌ててカメラを僕に向けた。だから、写真が斜めになっている。そして、さっきから何度も撮られている僕は、「とんなよ~」とふざけて顔を隠す、というストーリーを写真から読み取ることができると思う。


いきなりこれを見せられたら、まさか、1人で撮っているとは思わないはずだ。でも、もちろん一人で撮っています。ぽかぽか陽気で手をつなぐカップルであふれる新宿御苑で。

もちろん三脚で撮ってます 写真を斜めにする小技

ユキ、空が青いね~

晴れた日に芝生のある公園に行くと、カップルが2人で横になっている風景をよく目にする。僕はあれに長年あこがれている。

参考資料。幸せな午後のカップル

青い空を見ながら、2人で横になる。幸せを感じる瞬間だ。


そんな瞬間を彼女(ユキ)は写真に収めたかったのだろう。「ケイスケ、こっち向いて」と声をかけ、太陽のまぶしさを気にしながら振り向く僕を彼女は撮った。ちなみに僕の左手は彼女と手をつないでいる。

まぶし~

そういうストーリーが上の写真から読み取れると思う。

これは見せられたらまさか一人で撮ったようには思わないだろう。彼女と2人で出かけて幸せな瞬間を撮った1枚だと思うはずだ。


でも、もちろん三脚で撮っている。

三脚と添い寝

まとめのようなもの

今までの、写真をみてストーリーを感じることはできたでしょうか? そして、彼女と遊びに行った時に撮った写真だと思えたでしょうか? 高度な自分撮りだといえると思います。


まぁ、どちらにせよ誰かに写真を見せる機会なんてそもそもないし、出来上がった写真では2人で撮っているように見えるけど、結局は1人で撮っているので悲しくなることは解決しないのだけど。

この記事、僕がナルシストみたいになっていますが違います。ただの、メガネ男子です。
  



Comments (4)

 

  1. ムラカモ より:

    下アゴの吹き出物に栄養状態の悪さが見て取れました。
    首都圏に生息する主なユキさんは、ブツブツした人を敬遠する習性があると聞きます。

  2. キッズ より:

    栄養状態はきわめてまずいです。
    ということで、呑みに連れて行ってください。

  3. Dylnn より:

    You are so lonely.
    Find a girl yourself!!

  4. 通りすがり より:

    面白いです!!!
    ぜひ今度は本物の彼女にとってもらってください!!

Leave a Reply