夏の海! 一人で行く海水浴

石橋祥太   2009-08-09  

夏で暑い日が続く。

こんな時は、海水浴にでも行ければいいのだけどと思う。僕は海が好きなのだ。

しかし、海水浴に誘える友達もいないし、彼女なんて持っての他だ。一人で行ってもいいのだけれど、浜辺はカップル等々であふれているのが容易に想像できる。あれを端から一人で見るのはツラい。

あ~今年も海水浴に行けないのか…と思ったのだけれど、今年は思い切って一人で海水浴に出かけることにした。


[text=宮島祥太]


江の島東浜海水浴場に到着

雨だった

今回、僕がやって来た海水浴場は江の島にある「江の島東浜海水浴場」だ。

家から近いのでこの海水浴場をチョイスしたのだが、江の島はカップルの島。そして、そんな場所にある海水浴場だからカップルが群を成して押し寄せていることを覚悟していのだけれど、天気は雨。そのため、海水浴場に来ている人はまばらだった。

人が少ない

考えようによってはこの雨という天気はとてもありがたい。

だって、人が少ないので水着で楽しそうにしているカップルを見なくてすむのだ。確かに独り者であることを開き直って海水浴場に一人で来たわけだが、やっぱり楽しそうなカップルや仲間と盛り上がっている人々を見るのはとてもさびしいのだ。


とにかく、今回は心置きなく泳ぐことができるわけだ。嬉しい限りだ。

海に入ります

江の島で一人で泳ぐ男

雨だけれど海は荒れていないので安全に泳ぐことができる。やっぱり暑い日が続いていた中での海水浴は格別だ。涼しい。本当に一人でも海水浴に来てよかったと思う。楽しいのだ。

海の家を物色したりもした

雨がやむ、人が来る

しばらくすると雨がやんだ。

すると、海水浴場には人がぞくぞくと集まり始めた。そう幸せ者が海水浴場にやってきたのだ。独り者の僕が、幸せ者と同じ海で泳ぐ。開き直って海水浴に来たが少し悲しくなってしまった。

幸せファミリー
幸せカップル
幸せフレンズ

そんな幸せ者たちを浜辺に座ってみていると、なんだかうらやましく感じた。


ナンパでもしてみようとも考えた。だから、どうにかモテる方法はないかと思っていわゆるイケメンを観察したが、顔がすべてだな~と思った。ナンパなんて中身がどうのこうのじゃないもんね。顔だよね。


ということで、それはあきらめて、海を後にした。

また、来年の夏の雨の日に来ようと思う

まとめ(絵日記風)

8月2日 天気:雨のち薄曇


今日は電車に乗って海水浴に行った。

海に着くと思い切り雨が降っていた。そのため、人が少なくて嬉しかった。


しかし、晴れないまでも雨がやむと、人が続々とやって来た。やって来た人の中に僕と同じように一人で来た人はいなかった。みんな誰かと一緒だ。

あっという間に、周りはカップルや家族連れ、サークル仲間のような人たちばかりになった。海で泳ぐのは楽しかったけれど、心になにか言葉に言い表せないものを感じた。


絵だけは楽しくしてみました
  



Comments (3)

 

  1. wutang より:

    過去、私もひとりで海水浴行ったりしましたね~。
    貴重品どうしようか考えて、虎の子5千円札だけ海パンのポケットに入れてました。
    ビチョビチョになりましたが。

    でっかい浮き輪を持っていって、昼日中から夕方まで
    仰向けになってひたすら漂ってましたね。 気持ちよかった~・・

    しかし、、いったいこの写真の「僕」は誰が撮ったのでしょう。。。

    • 夏は冷夏、冬は暖冬が一番 より:

      もったいないですよ。貴重品は更衣室のロッカーもしくは荷物の中に入れれば大丈夫です。

  2. 地主 より:

    どうも。
    写真の件ですが、いいところにお気づきになったと思います。
    実は、この記事には2つの物語があります。
    ひとつは記事にあるようにひとりで海に行った宮島。
    それともうひとつが、撮影係の地主です。
    僕は取材中、宮島とは接触しません。
    だから、海水浴場でひとり洋服を着て、カメラを構える僕はひとりで泳ぐ宮島以上にキツかったです。

Leave a Reply