ペリエでオシャレな生活を手に入れる

地主恵亮   2012-06-25  

ペリエという飲み物がある。
特にヨーロッパでは一般的なミネラルウォーターで、何よりオシャレな飲み物である。響きからして水道水にはないオシャレを持っている気がする。

緑のパッケージに、きめの細かい炭酸。オシャレ以外の言葉が浮かばない一品だ。まるで草原の草花を揺らす、優しい春風のような飲み物、それがペリエなのだ。

そんなペリエを飲むことでオシャレを極めたいと思う。

[text=地主恵亮]

オシャレ=ペリエ

女性にモテる男性はどんな男性かと考えると「オシャレな男性」だろうと思う。オシャレな男とダサい男、どちらがいいかと女性に問えば、みな悩まずにオシャレな男と答えるだろう。そう、女性にモテるにはオシャレでないといけないのだ。

ダサいとモテない

では、どうすればオシャレな男性になれるのか。そこで「ペリエ」である。「水道水」も「ペリエ」も、どちらも水ではあるが、オシャレと感じるのは、間違いなく「ペリエ」だ。そこに迷いはない。ペリエはオシャレの代名詞なのだ。

ペリエはオシャレ!

たとえば「よくなに飲むの?」と聞かれた際に「水道水」と答えるのと、「ペリエ」と答えるのでは間違いなく後者がモテる。「ペリエ」というだけでオシャレな人になれるのだ。同じ水でも、水道水ではどんなに頑張ってもペリエの持つオシャレさにはかなわないのである。

ペリエはオシャレ! とにかくオシャレ!

ペリエから始まるオシャレライフ

常にオシャレを心がけていないと、本当のオシャレにはなれない。女性と一緒に出かける時だけオシャレをすればいいというものではないのだ。普段がダサいとオシャレに振舞っていても、どこかでボロが出る。上京後、標準語を話していても、ふいに地元の言葉が出てしまうのと同じ理論だ。

だから外でも常にペリエを飲む

出かけた時はもちろんペリエを飲む。喉が渇いたからと言って、公園の蛇口で水道水を飲んでいてはダメなのだ。確かに安上がりだし、喉の渇きを潤すことはできるけれどオシャレなじゃない。

もちろん家でもペリエ(ロシア文学をたしなみながら、オシャレ!)

家にいる時もペリエを飲む。家にいるからと言って気を抜いてはいけないのだ。いつか家に女性が遊びに来る時もあるだろう。そんな時のためにも、見せ掛けでない真のオシャレになるためにも、家でも水道水ではなく、ペリエを飲むのだ。

イヤホンをつけながらペリエ。オシャレ!

音楽を聴きながらペリエを飲む。オシャレではないか。そして、さらにオシャレを手に入れようと思うと、イヤホンの先がiPodではダメだ。そこもペリエ。ペリエを聞きながらペリエを飲む。オシャレとオシャレ。もうオシャレの権化である。

イヤホンの先もペリエ! オシャレ!

すべてがペリエでオシャレになる

オシャレとは掛け算である。どこか一つでもダサいというマイナスがあっては、いくら他がオシャレでも一気にダサくなってしまう。そこで、シャワーでもペリエをぜひ使いたい。水道水を浴びていてはオシャレではないのだ。水道水よりもペリエがオシャレ。よってシャワーもペリエなのだ。

オシャレなシャワー

食事にもオシャレを取り入れたい。お米を炊くのでも水道水ではオシャレとは言えない。そこでペリエである。ぜひ一度、ペリエと口に出して欲しい。水道水にはないオシャレな響きを感じることができるはずだ。

ライスもペリエで! オシャレ! オシャレ!

今日から君もオシャレに!

Perrier(ペリエ) 750ml×12本 [正規輸入品]
サントリー
売り上げランキング: 2557

ベランダガーデニングもオシャレ!

もちろんオシャレはペリエだけではない。ベランダガーデニングもまたオシャレだと思う。ベランダガーデニングとは、ベランダに緑を植えること。自宅に緑のある生活。オシャレではないか。さらにオシャレは掛け算なので、その緑には水道水ではなく、ペリエを与えたい。

オシャレ! オシャレ!

さらにオシャレなベランダガーデニングをするにはどうすればいいか考えた結果、緑にペリエを与えるだけでなく、ペリエにペリエを与えればいいと気が付いた。偶然にもペリエは緑なので、緑を植えるベランダガーデニング的には何の間違いもないはずだ。育たない以外は。

オシャレ! オシャレ! オシャレ!

オシャレ! オシャレ! オシャレ! オシャレ! オシャレ! オシャレ!

まとめのようなもの

ペリエをオシャレだと初めて感じたのは村上春樹の小説を読んだ高校時代のことだった。その小説のオシャレな登場人物はペリエを飲んだいた。それからというもの「ペリエ」は私のオシャレの頂点に君臨している。

なので、それを最大限生かしてオシャレになろうとしたのだ。普段、水道水ばかり飲んでいる私がペリエでオシャレを手に入れようと。

しかし、植木鉢にペリエを植えた辺りでオシャレって何だろう? と疑問が生じた。オシャレの難しさを改めて実感した。

  



Comments (3)

 

  1. にゃー より:

    ペリエ片手にドストエフスキーって、
    おしゃれな上に博識そうですね!

  2. Sato より:

    デイリーポータルZから来ました。
    ペリエライスあたりから「あれっ、、、?」という感覚におちいり、最終的には「オシャレ!」のゲシュタルト崩壊でした。面白かったです^^

Leave a Reply