一人で行く花火大会

石橋祥太   2012-08-02  

夏も本番になり、各地では夏祭りや花火大会が開かれている。

世のカップルは既にもう1、2回ほどはこの催しに参加したいるのではないだろうか。実に羨ましい。

ということで、こちらも負けじと、この催しに参加したいと思う。普段家ばかりにいる僕だけれど、日本の夏を感じ、この夏をよい思い出にしたいのだ。一人で行くのだけれど。

[text=石橋祥太]

HANABI

この時期、関東だけでも大小様々な花火大会が開かれ、世の人々に夏を感じさせている。しかし、独り者である僕が行くのにはどんな花火大会がいいか? とりあえず単純にでかいの、ということで隅田川花火大会に行くことにした。隅田川花火大会は浅草、向島周辺の墨田川沿いで行われる東京三大花火大会の一つという大規模な花火大会だ。

でた~浴衣カップル!(上野駅から感じる花火感)

上野に着いた時点でもうヘリコプタ-が飛び回り、祭りの雰囲気そのものになっていた。当然、駅を降りた時点でも多くのカップルの姿が見られ、スカイツリーの方へと歩いていた。僕はそんな彼ら彼女らの後ろを一人歩いた。

この日の気温31℃

カップル達が進み行く道

UFOじゃないよヘリだよ

戦場ではありません

会場の方へ近づいていくにしたがって小さな爆発音聞こえはじめ、道沿いのコンビニや居酒屋でも焼き鳥の店頭売りが目立つようになってきた。ここでビールと一緒に焼き鳥を買って、食べながら花火を見るのが粋なのだろう。しかし、財布とゴミをどうするか悩んだ結果、花火を見ること優先にした。

いよいよ前方から光が見えるようになってきた。ビルの谷間から光が見えるその様子はさながら戦場のようにも見える。恐らく会場は別の意味で戦場と化しているのかもしれない。

ビルが炎上している!

被弾!

花火をみよう

会場まで来たが、道路中に人が溢れていた。カップルや家族連れがとにかく多く、こんな状況でははぐれて迷子になってしまわないか心配である。僕もこの人混みに飲まれて迷子にならないように気をつけたい。

と思ったけれど僕は一人だった。これは独り者の利点だ。思った方向に自由に歩ける。自由なのだ。独り者は自由なのだ!

でも、浴衣カップルとか幸せそう!

ビルの谷間に

それにしてもこんなにビルがあると空を見上げてもビルの陰に隠れて花火が見えない。これではせっかく見に来たのに花火の音だけ聞いて帰ることになりかねない。

しかしここで意外な救いが!

なんと

反対側のビルに花火が映っているのだ。直接は見えなくてもビルの窓に映る花火を眺める、これもまた風流と言えるのではないか。都会の花火の形、鏡花火といったところか。とにかく風流なのだ。

そう思いたい。

だってカップルだったら一緒にいることが目的だから花火が見えなくてもいいけれど、こちらは一人。絶対に花火が見えなければ、一人で人混みに来た人になってしまうのだ。

橋の上に行くことは無理なようだ

まとめ

今回あまりの人の多さに正直花火を直接見ることがほとんどできなかった。ただ人混みに来た人だ。

むしろ帰り道に離れたところで見たほうがよく見えたレベルだった。しかも夜でも気温は30℃近くあって人混みに入ると汗が噴出し、熱中症にかかる恐れもあった。一人で花火大会に行ってぶっ倒れるなど恥ずかしいにもほどがある。

そこで独り者が花火を快適に楽しむ方法はないのかと考えた結果、最高の楽しみ方を見つけた。

ふぅ、楽チン

涼しくてビールもおつまみも食べ放題な上にトイレ休憩も自由に取れる、これこそ独り者の花火観賞だ! もしかして自分が映りこむかと思い、花火大会の中継を録画しておいてよかった。まったく映りこんでいなかったけれど、花火はとても綺麗に見える。これぞ独り者の夏だ。

  



Comments (4)

 

  1. ゆう より:

    いろいろ検索してて偶然このブログ見つけました、一人プリクラの
    記事すごいおもしろかったです!(^^)
    私も先日、ビアガ帰りに我慢できず勢いあまってとうとう1人プリデビューしました・・・(友達はプリ苦手派)
    酒が入ってないとまず無理でした(笑)でもやってみると何か
    新しい世界が広がりました!このブログ見て勇気が出たので
    またいろいろ1人で挑戦したいと思います(^^)

  2. mari より:

    私は、女子31歳なんですが失恋をきっかけに1人冒険を始めました♪
    今年、1人花見と、1人浴衣で祭りを体験‼
    1人吉野屋、1人映画なんて朝飯前です(笑)
    偶然見つけたこちらの記事が、楽しくってすっかりファンになりました♪( ´▽`)
    これからも、期待してます♪

  3. より:

    地主、君は中国の名人になっだょ。
    http://site.douban.com/widget/notes/5921064/note/239936809/

  4. www.710.com より:

    你若要喜爱你自己的价值,你就得给世界创造价值。 ——歌德

Leave a Reply to www.710.com